英語力強化プログラム
英語力強化 エントリーコース
英語力強化 コアコース
継続 中級リスニングコース
ビジネスコミュニケーション力強化プログラム
ビジコミ強化 コアコース
継続 中級スピーキングコース
講座体系のトップに戻る  英語力強化プログラム K/Hシステム学習法フェーズ

英語力強化 コアコース



付け焼刃でなく、実戦の場で本格的なコミュニケーションができる英語力の習得を目指す!
リスニング中心に<実戦的英語力>に不可欠な基盤をつくる K/Hシステム英語学習法の実践体得コース
対象レベル
TOEIC目安 700点* − 900点/
  • TOEICの点数は上がっているが、自分の実力が点数に伴っていないことに不安を感じている方
  • 今までの英語の勉強方法で壁にぶつかっている方
  • 海外駐在または留学を目指しているが、現場で通用するレベルに達していないように感じている方
  • 推測にたよったリスニングしかできず、悩んでいる方
    音をベースにした実戦的な英語学習はまだこれからだという方から、英語圏での在住経験がある方まで広く活用していただける内容です。(アメリカの公募コースでも、同様の内容のコースを開講しています)
    すでにK/Hシステムの本で学習された方も、実際に3日間かけて学習法とその効果体験することで理解が深まります。

    *対象レベルはあくまで目安ですが、高校レベルの文法・構文力と、ある程度の語彙がある方に適しています。TOEIC が700点に満たない方、特に構文や文法に自信のない方は、予習方法などをご相談ください。

内容
学習内容
               ⇒ 印刷用 3日間の[コース概要] は こちら

K/Hシステムの中核(コア)になるコースの1つです。 推測に頼るのではなく、実戦のスピードで、かつ正確に意味が取れる力を体系的に身につける学習法をワークショップ形式で 実践練習をしながら学びます。 「音の力」「意味をとる力」「構文力」のポイントをそれぞれ、分かりやすく実践的に学び、 「何となく分かる」レベルから正確に「英語を英語で理解する」感覚に近づける体系的な訓練方法を体験します。

リズム指導、文法・構文レビュー、リズムシャドーイング、文頭からの意味のつかみ方、やまと言葉落とし、同時通訳風意味落とし、一体化シャドーイングなどを使い、実際に訓練を体験して自分のものにします。 英文解釈的に英語を日本語に置き換えながら理解する聞き取り方から脱皮し、すでに持っている英語の潜在力を活性化する勉強方法を体験できます。
  • 英語の特徴の理解
    [英語の音とリズムの特徴/英語の文のつくりの特徴]  
  • 英語のリズム感覚を身につける実践トレーニング
  • 英語の特徴に合った実戦的な「意味のつかみ方」の実践トレーニング
  • 「英語を英語で理解している感覚」に近づけるためのトレーニング
  • 実戦的英語力強化の学習テクニックと学習ステップの習得 
  • 効果的な独学に不可欠なPDCA(Plan-Do-Check-Action)の視点の導入
主な練習テクニック
               ⇒ 印刷用 コースで実際にやる作業は こちら
・シャドーイング ・リテンション ・同時通訳風意味落とし
・音と意味の一体化シャドーイング ・立体ノートテーキング ・英語戻し・その他
既に持っている英語の潜在力を活性化する勉強方法を直接体験してもらいます。 英文解釈的に文末から日本語に置き換えて理解する聞き取り方から脱皮し、音も意味も、実戦で正確に取れる力を身につけます。

トレーニングを通して、以下のような効果が得られます。
    ・「英語の特徴」がシンプルに理解できて、英語学習のフォーカスがクリアになる
    ・推測聞きでなく、正確に英語の「音」と「意味」をつかむコツや感覚が分かってくる
    ・コース修了後も継続学習するための、視点、学習方法、学習意欲が得られる
    ・「英語を英語で理解する感覚」、「確信を持った聞き取り」に近づく実感が得られる
    ・英語学習の長期プロセスの全体像が見えてきて、学習に安心感がもてる

使用教材
『アメリカ人エグゼクティブへのインタビュー教材』(CD付)
日米のビジネス文化に経験の深いアメリカ人エグゼクティブのスピーチ集(生い立ち、キャリアの歴史、社員のモチベーションを上げる方法、日米のマネージメント方法の違いなど、多岐にわたるトピックを扱ったもの。クラス終了後の継続学習にも使える教材); 英語のリズムを視覚的にみせる波形トランスクリプトと、文の構造を視覚的にみせる構文立体トランスクリプト

『構文パターンボキャビル集1』(CD付)
日本人が聞き取りを苦手とする典型的な構文のパターンに集中的に慣れるCD教材 など、独自の学習サポート素材を使い、聞き取りとスピーキングに不可欠な英語基盤力を体系的に強化。

受講者の声(抜粋)
  • 3日間集中して学習する機会が得られたことが非常に良かった。自宅で個人勉強していると、シャドーイングなど、なかなか集中して継続するのが難しいので。また、ネイティブ特有の思考や表現方法などがためになった。しっかりと宿題をやらないとついて行けなくなるので、負担はあるが、身になると思った。上達したことが表われてきて、それを受講者や講師に指摘されたことがやる気につながった。
  • 程よい負荷で、テンポがあってよかったです。アドバイスも的を得ていました。今までの場当たりコミュニケーションを反省しつつも、本当の理解をベースにしたディスカッションをいつかできるのではないか?と希望が持てました。是非、今度こそ継続したいと思いました。本当にありがとうございました。
  • 使える英語を総合的に教えていただけた。英語・日本語の間に感じていた壁が受講後にとても低くなったように思えた。 学習メソッドが具体的で納得できるので受講後も実践しようと思った。
  • 短い時間でしたが、驚くほどシャドーイングがよくなりました。参加したことで、シャドーイングのやり方が体感できました。 今後の英語学習の指針が見えました。
  • 勉強のやり方がわかったこと、エントリーコースで学んだことができているか再度確認できました。勉強へのモチベーションの維持になりました。 具体的な勉強方法がわかったので、迷いがなくなりました。
  • K/Hシステムの本で分からなかったポイントを全身で学ぶことができて良かったです。もっと早く参加していればよかったと思います。ありがとうございました。録音を通じて、自分の弱点が明確になったことと、それを埋めるテクニックを学んだ。
この他の受講生の声はこちらをご覧下さい。

■ 開講コースの日程・申し込みはこちら